2019年のテーマ(基調となる考え)

経営者感覚を身に付ける。

少なくても、俺の立場で考えて欲しい。

感謝する。何があっても感謝する。

三毒に犯されない。

謙虚にして驕らず、人間力、人間性を高める。

有意注意する。

潜在意識、脳を鍛え、心を高める。

感性的な悩みはしない。

危機感を持ち、油断しない

2019年重要な行動指針

次を考え、次の準備をし、次に備える。

小さな変化を見逃さない。
次の変化にしっかり対応する。

優先順位を明確にして、それを実践する。

大事と小事を見極めて、行動する。

数字をチェック、数字で管理する!

勝つ基準、厳し基準で判断する。実行する。

問題から逃げない。素早く解決する。

| | トラックバック (0)

敬天愛人

西郷どん、最終回!!

前々回辺りから、観てるのが辛くて、ド
ラマを続けて観ていることが出来なかった。

新しい国を作ることを初めた二人が、
正に新しい国を作った直後に、仲違い!
とうとう、戦さになってしまう。
殺し合いになってしまう。

二人にそんなつもりは無かっただろうに、
いつの間にか、
関係が、おかしくなってくる。

国を想う気持ちは
同じだったはず。

言葉にするのは、簡単だが
本当に悲しい結末だ。

我々が、幸せに生きていられるのは、
先人のお陰であると改めて、痛烈に感じた。

私の悩みなど、国を改革した先人達と比べたら、
塵のようなものに過ぎない。

西郷どんの言葉を借りるなら
もっと、気張らないといけない。

年齢から考えると、残された時間は、
長いわけではないので、限られた時間の中で、
新たな結果を出さなくてはならない。

過去の自分の結果に満足してはいけない。
過去の自分の負けてはいけない。

敬天愛人

天を敬い、人を愛する
という意味は分かってるような、
分からないような感じであったが、

このドラマを通して観て
天を敬い、人を愛するという意味が
少し分かったような気がする。

偉大なこの言葉、
【敬天愛人】を意識しながら、
日々過ごそうと、改めて思った。

写真は、
私を励まし続けてくれている
西郷南洲の書である。

改めて、意味を理解して
実践出来る人物になる。

| | トラックバック (0)

必ず良くなる!!

必ず良くなる!!

生きていると、
また経営をしていると、
上手くいかないことが、
度々 起きて来る!

油断するからだろうか?!
慢心するからだろうか?!

上手く行かないことが起きても
この状況をより良くしようとする意志があれば、

今の状況では、考えられないほど
良い結果が待っていることを
経験から知っている。

絶対、良くなる。

良くなることを信じて、最善を尽くす。

必ず、良くなる。

そもそも、
上手く行ってないと思ってること、

それが、 錯覚 かもしれない。

上手く行ってないと錯覚してるだけかもしれない。

絶対プラス思考の持ち主は、
そもそも、上手く行ってない!ということが無い。

一般的には、悪い事が起きたら、
それを自分の成長の起爆剤を天から頂いたと感謝して

絶対良くなることを信じて、最善を尽くすと、
一段も、二段も上に登れる。

| | トラックバック (0)

栗城さんの御冥福をお祈りします。

栗城さんの御冥福をお祈りします。

西田先生のご縁で、ご一緒させて頂いた時の写真です。

丁度、凍傷になり指9本が壊死した直後の写真です。

真っ黒になった指を見せてもらいました。
栗城さんは、その時は、医療が進歩してるから指は、
「元に戻る可能性があるから、落としたくない」と言ってました。

真っ黒になった指を見せてもらって、
まだエベレスト挑戦するんですか?と私が、尋ねると
「指が無くなったぐらいでは、諦めない!」と。

自分では、
そんなこと思えるかな、と衝撃を受けたことを覚えています。

自分は、少しぐらい辛くても
命がかかってるわけでないから、
頑張らないとな!、
と勇気をもらったことを覚えてます。

今回の件
本当に残念です。

西田先生が、スポンサーが付くと
冒険家は、無理をして
命を落とす!から
絶対、無理するな!と栗城さんにおっしゃってました。

最近、ネットでも騒がれていますが、正にその通りになってしまい、
本当に残念です。

栗城さんが、
書いてくれた、一言です。

とても含蓄があり、栗城さん以外は思いも付かない言葉です。

当時、社員にも
栗城さんが、こう言ってたぞ!と励ましてましたし、
何より私自身を励ましてもらいました。

「酸素があれば、何でもできる」

素晴らしい言葉ですね!!

御冥福をお祈りします。

| | トラックバック (0)

ベッド数ランキング 第9位。

ベッド数ランキング!
第9位!!



トップとの差は歴然としてますが、
やっと、ベスト10に入りました。

介護業界を取り巻く環境は厳しいものになってるようで
再編が進んでます。

損保ジャパンが
ワタミ、メッセージを吸収し
いきなりトップに入って来ました。

当社にとって
外部環境が厳しいのは、
参入障壁だと思ってますので
決して悪いことではありません(^^)!

これからも、応援
よろしくお願い致します。

| | トラックバック (0)

プラス思考

我々は、色々と悩み苦しんでしまいますが、
脳の錯覚をイメージしているに過ぎません。
この脳の作りだす錯覚を「クオリア」と呼びますが、
我々は、自分自身が作り出す「クオリア」に支配されています。
つまり、
我々人間は、無意識に動く脳の働きに、支配されています。
脳は、脳によってプログラミングされています。
脳は、言葉やイメージによりプログラミングされています。
つまり、自分の錯覚により作り出されているイメージや、
我々が使う言葉に、自分は支配されていることになります。
プラスの言葉を使い、
プラスのイメージを常に維持することが出来れば、
脳の働きは、プラスに動くようになります。
「プラスイメージ」
「プラス感情」を維持することが
自分の精神状態を維持することになります!
なかなかプラス思考になれないですが、
この仕組みを知っているだけで
プラス思考を維持しやすくなると思います。

| | トラックバック (0)

最強西田理論

感謝!!

原点に還る!

最強西田理論!(西田文郎先生)

その中の、ツキの大原則は

・ツキや運のある人と付き合え!
・ツキが無い人と付き合わない!
・ツキが無くなるようなことをする人とも、考えて下さい
(ひどい話のようだが、そうではない)

最強運の素晴らしい方達との出会い、お付き合いもあるが、

いつの間にか
ツキの無い人と付きあってしまった!
そして、失敗した事もあります。

自分の感情脳が、悪い影響を受けてしまいます。

こんなことも、忘れていたという事は、
本当にまだまだ未熟であります。

普通に生活していると
いつの間に、西田理論を実戦して無かった!と。

しかし、気づかせてくれることがあり
本当にいつもながら
俺はツイてる上に運がある、と思います。

有難いです!!

しかし、やはり西田理論は、
素晴らしい!

最近、全くお会いしてませんが
西田先生ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

おもてなしの心

日本におもてなしの心がある、とよく言われるが
本当にあるのだろうか?!

先日シンガポールに行った時、
地下鉄に乗り、移動していました。

乗り越してしまったために、
駅の窓口で精算をすることになりました。

その駅の職員が、
『どこから来ましたか?』と聞いてきたので
『日本からです』と答えると

『Welcome!』と
本当に素敵な笑顔で、大きな声で 、私に言ってくれました。

駅の職員ですよ!
駅の職員の人までが、海外から来たお客様に対して
嬉しいと思ってくれています。

だからシンガポールには、人が集まるんだなぁ、と
つくづく感じました。

我々日本人は、何かを頼まれれば
親切に対応すると思いますけれども

街で歩いている外国人に対して
日本に来てくれてありがとう!と
普段はなかなか思っていないんじゃないかなぁ、と
とてもとても、反省させられました。

| | トラックバック (0)

新たな気持ちで

この3月になんと52歳になりました。

あっという間の52年間です。

誕生日が来るたびに
よくこの年まで無事に生きていたなぁ、と感無量な気持ちです。

改めて
周りの方から生かされているという、
感謝の気持ちでいっぱいになります。

今の自分があるのは
まさに周りの方のおかげです。

特に現在は、会社の規模も少しずつ大きくなり
パートさんを含めると
2,500人以上の方がうちの会社で働いてくれております。

サービス業は
働いてくれる方がいなければ
お客様にサービスすることもできません。

多くの社員スタッフのおかげで会社が成り立っていることに
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

本当に皆さんありがとうございます。

元旦に、新しい年を迎えるのと同じように
誕生日にも、
前の年にはできなかったことを反省し
今年、やるべき目標を明確にし
新しい気持ちで臨むことができます。

また初心に帰るつもりで
昔読んでいた本を引っ張り出して、読んでいるのですが

「宮城谷昌光さん」の本はとても勉強になります。

宮城谷さんの著書の中の一文で
これこそ最も重要な真理だと思っている箇所があります

上に立つ人には絶対に重要なことなのですが
そのことを社員の誰にも言ってません。

全部の著書を読み
その一文を見つけた人が、
次期社長だと思っているのですが
誰も読んでくれません。(笑)

リーダーにとっては
絶対欠かすことのできない重要な考え方、真理なのですが
自分への戒めとして誰にも言わないようにしております。

今回も
宮城谷昌光さんの「歴史の活力」を読むことによって
とても良い刺激を受けました。

とても色々と勉強になりましたが、
初心に帰ると言う意味では、
この当たり前すぎる一文に、刺激を受けております。

「天才は努力し得る才能でなくてはならない」

「天才は努力する才能ではなく、
努力し得る才能、つまり努力することができる才能」

「努力しないものに真の幸福は決しておとずれないと言うことである」


ごくごく当たり前のことなのですが、
自分の努力不足が悪い結果をもたらしているんだなぁと、改めて反省し
52歳に、大きな花が咲くように今まで以上の努力をします。

本当に皆さん、いつもご支援いただきまして
ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

盛和塾 世界大会

今月の 9月3日・4日に
盛和塾 世界大会がありました。

現在盛和塾生は、
1万人ほどいると言われておりますが、

その中から、当社は、
「稲盛経営者賞」を頂くことができました。



これは、経営の神様である稲盛和夫塾長が
「ウチの社員がすごい!」と
言ってくれた事と、思っています。

本当に、ありがたい事だと思っております。

社員皆さんのおかげで
当社は稲盛経営者賞を頂くことができました。
本当にありがとうございます。

会社の実績は、
社員の皆が作ってくれたことであり
自信と誇りを持って、今後も頑張って行きましょう。

稲盛塾長からは、

「現在の評価は、過去の努力の結果であり
将来を保証するものではありません。
将来の評価は、今からの努力の結果であります。」と。

常に気を引き締めていかなければなりません。

いつも、大切な事を教えて頂いております。

感謝!

| | トラックバック (0)

«人命救助