2019年のテーマ(基調となる考え)

経営者感覚を身に付ける。

少なくても、俺の立場で考えて欲しい。

感謝する。何があっても感謝する。

三毒に犯されない。

謙虚にして驕らず、人間力、人間性を高める。

有意注意する。

潜在意識、脳を鍛え、心を高める。

感性的な悩みはしない。

危機感を持ち、油断しない

2019年重要な行動指針

次を考え、次の準備をし、次に備える。

小さな変化を見逃さない。
次の変化にしっかり対応する。

優先順位を明確にして、それを実践する。

大事と小事を見極めて、行動する。

数字をチェック、数字で管理する!

勝つ基準、厳し基準で判断する。実行する。

問題から逃げない。素早く解決する。

| | トラックバック (0)

敬天愛人

西郷どん、最終回!!

前々回辺りから、観てるのが辛くて、ド
ラマを続けて観ていることが出来なかった。

新しい国を作ることを初めた二人が、
正に新しい国を作った直後に、仲違い!
とうとう、戦さになってしまう。
殺し合いになってしまう。

二人にそんなつもりは無かっただろうに、
いつの間にか、
関係が、おかしくなってくる。

国を想う気持ちは
同じだったはず。

言葉にするのは、簡単だが
本当に悲しい結末だ。

我々が、幸せに生きていられるのは、
先人のお陰であると改めて、痛烈に感じた。

私の悩みなど、国を改革した先人達と比べたら、
塵のようなものに過ぎない。

西郷どんの言葉を借りるなら
もっと、気張らないといけない。

年齢から考えると、残された時間は、
長いわけではないので、限られた時間の中で、
新たな結果を出さなくてはならない。

過去の自分の結果に満足してはいけない。
過去の自分の負けてはいけない。

敬天愛人

天を敬い、人を愛する
という意味は分かってるような、
分からないような感じであったが、

このドラマを通して観て
天を敬い、人を愛するという意味が
少し分かったような気がする。

偉大なこの言葉、
【敬天愛人】を意識しながら、
日々過ごそうと、改めて思った。

写真は、
私を励まし続けてくれている
西郷南洲の書である。

改めて、意味を理解して
実践出来る人物になる。

| | トラックバック (0)

必ず良くなる!!

必ず良くなる!!

生きていると、
また経営をしていると、
上手くいかないことが、
度々 起きて来る!

油断するからだろうか?!
慢心するからだろうか?!

上手く行かないことが起きても
この状況をより良くしようとする意志があれば、

今の状況では、考えられないほど
良い結果が待っていることを
経験から知っている。

絶対、良くなる。

良くなることを信じて、最善を尽くす。

必ず、良くなる。

そもそも、
上手く行ってないと思ってること、

それが、 錯覚 かもしれない。

上手く行ってないと錯覚してるだけかもしれない。

絶対プラス思考の持ち主は、
そもそも、上手く行ってない!ということが無い。

一般的には、悪い事が起きたら、
それを自分の成長の起爆剤を天から頂いたと感謝して

絶対良くなることを信じて、最善を尽くすと、
一段も、二段も上に登れる。

| | トラックバック (0)

栗城さんの御冥福をお祈りします。

栗城さんの御冥福をお祈りします。

西田先生のご縁で、ご一緒させて頂いた時の写真です。

丁度、凍傷になり指9本が壊死した直後の写真です。

真っ黒になった指を見せてもらいました。
栗城さんは、その時は、医療が進歩してるから指は、
「元に戻る可能性があるから、落としたくない」と言ってました。

真っ黒になった指を見せてもらって、
まだエベレスト挑戦するんですか?と私が、尋ねると
「指が無くなったぐらいでは、諦めない!」と。

自分では、
そんなこと思えるかな、と衝撃を受けたことを覚えています。

自分は、少しぐらい辛くても
命がかかってるわけでないから、
頑張らないとな!、
と勇気をもらったことを覚えてます。

今回の件
本当に残念です。

西田先生が、スポンサーが付くと
冒険家は、無理をして
命を落とす!から
絶対、無理するな!と栗城さんにおっしゃってました。

最近、ネットでも騒がれていますが、正にその通りになってしまい、
本当に残念です。

栗城さんが、
書いてくれた、一言です。

とても含蓄があり、栗城さん以外は思いも付かない言葉です。

当時、社員にも
栗城さんが、こう言ってたぞ!と励ましてましたし、
何より私自身を励ましてもらいました。

「酸素があれば、何でもできる」

素晴らしい言葉ですね!!

御冥福をお祈りします。

| | トラックバック (0)

ベッド数ランキング 第9位。

ベッド数ランキング!
第9位!!



トップとの差は歴然としてますが、
やっと、ベスト10に入りました。

介護業界を取り巻く環境は厳しいものになってるようで
再編が進んでます。

損保ジャパンが
ワタミ、メッセージを吸収し
いきなりトップに入って来ました。

当社にとって
外部環境が厳しいのは、
参入障壁だと思ってますので
決して悪いことではありません(^^)!

これからも、応援
よろしくお願い致します。

| | トラックバック (0)

プラス思考

我々は、色々と悩み苦しんでしまいますが、
脳の錯覚をイメージしているに過ぎません。
この脳の作りだす錯覚を「クオリア」と呼びますが、
我々は、自分自身が作り出す「クオリア」に支配されています。
つまり、
我々人間は、無意識に動く脳の働きに、支配されています。
脳は、脳によってプログラミングされています。
脳は、言葉やイメージによりプログラミングされています。
つまり、自分の錯覚により作り出されているイメージや、
我々が使う言葉に、自分は支配されていることになります。
プラスの言葉を使い、
プラスのイメージを常に維持することが出来れば、
脳の働きは、プラスに動くようになります。
「プラスイメージ」
「プラス感情」を維持することが
自分の精神状態を維持することになります!
なかなかプラス思考になれないですが、
この仕組みを知っているだけで
プラス思考を維持しやすくなると思います。

| | トラックバック (0)

最強西田理論

感謝!!

原点に還る!

最強西田理論!(西田文郎先生)

その中の、ツキの大原則は

・ツキや運のある人と付き合え!
・ツキが無い人と付き合わない!
・ツキが無くなるようなことをする人とも、考えて下さい
(ひどい話のようだが、そうではない)

最強運の素晴らしい方達との出会い、お付き合いもあるが、

いつの間にか
ツキの無い人と付きあってしまった!
そして、失敗した事もあります。

自分の感情脳が、悪い影響を受けてしまいます。

こんなことも、忘れていたという事は、
本当にまだまだ未熟であります。

普通に生活していると
いつの間に、西田理論を実戦して無かった!と。

しかし、気づかせてくれることがあり
本当にいつもながら
俺はツイてる上に運がある、と思います。

有難いです!!

しかし、やはり西田理論は、
素晴らしい!

最近、全くお会いしてませんが
西田先生ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

おもてなしの心

日本におもてなしの心がある、とよく言われるが
本当にあるのだろうか?!

先日シンガポールに行った時、
地下鉄に乗り、移動していました。

乗り越してしまったために、
駅の窓口で精算をすることになりました。

その駅の職員が、
『どこから来ましたか?』と聞いてきたので
『日本からです』と答えると

『Welcome!』と
本当に素敵な笑顔で、大きな声で 、私に言ってくれました。

駅の職員ですよ!
駅の職員の人までが、海外から来たお客様に対して
嬉しいと思ってくれています。

だからシンガポールには、人が集まるんだなぁ、と
つくづく感じました。

我々日本人は、何かを頼まれれば
親切に対応すると思いますけれども

街で歩いている外国人に対して
日本に来てくれてありがとう!と
普段はなかなか思っていないんじゃないかなぁ、と
とてもとても、反省させられました。

| | トラックバック (0)

新たな気持ちで

この3月になんと52歳になりました。

あっという間の52年間です。

誕生日が来るたびに
よくこの年まで無事に生きていたなぁ、と感無量な気持ちです。

改めて
周りの方から生かされているという、
感謝の気持ちでいっぱいになります。

今の自分があるのは
まさに周りの方のおかげです。

特に現在は、会社の規模も少しずつ大きくなり
パートさんを含めると
2,500人以上の方がうちの会社で働いてくれております。

サービス業は
働いてくれる方がいなければ
お客様にサービスすることもできません。

多くの社員スタッフのおかげで会社が成り立っていることに
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

本当に皆さんありがとうございます。

元旦に、新しい年を迎えるのと同じように
誕生日にも、
前の年にはできなかったことを反省し
今年、やるべき目標を明確にし
新しい気持ちで臨むことができます。

また初心に帰るつもりで
昔読んでいた本を引っ張り出して、読んでいるのですが

「宮城谷昌光さん」の本はとても勉強になります。

宮城谷さんの著書の中の一文で
これこそ最も重要な真理だと思っている箇所があります

上に立つ人には絶対に重要なことなのですが
そのことを社員の誰にも言ってません。

全部の著書を読み
その一文を見つけた人が、
次期社長だと思っているのですが
誰も読んでくれません。(笑)

リーダーにとっては
絶対欠かすことのできない重要な考え方、真理なのですが
自分への戒めとして誰にも言わないようにしております。

今回も
宮城谷昌光さんの「歴史の活力」を読むことによって
とても良い刺激を受けました。

とても色々と勉強になりましたが、
初心に帰ると言う意味では、
この当たり前すぎる一文に、刺激を受けております。

「天才は努力し得る才能でなくてはならない」

「天才は努力する才能ではなく、
努力し得る才能、つまり努力することができる才能」

「努力しないものに真の幸福は決しておとずれないと言うことである」


ごくごく当たり前のことなのですが、
自分の努力不足が悪い結果をもたらしているんだなぁと、改めて反省し
52歳に、大きな花が咲くように今まで以上の努力をします。

本当に皆さん、いつもご支援いただきまして
ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

盛和塾 世界大会

今月の 9月3日・4日に
盛和塾 世界大会がありました。

現在盛和塾生は、
1万人ほどいると言われておりますが、

その中から、当社は、
「稲盛経営者賞」を頂くことができました。



これは、経営の神様である稲盛和夫塾長が
「ウチの社員がすごい!」と
言ってくれた事と、思っています。

本当に、ありがたい事だと思っております。

社員皆さんのおかげで
当社は稲盛経営者賞を頂くことができました。
本当にありがとうございます。

会社の実績は、
社員の皆が作ってくれたことであり
自信と誇りを持って、今後も頑張って行きましょう。

稲盛塾長からは、

「現在の評価は、過去の努力の結果であり
将来を保証するものではありません。
将来の評価は、今からの努力の結果であります。」と。

常に気を引き締めていかなければなりません。

いつも、大切な事を教えて頂いております。

感謝!

| | トラックバック (0)

人命救助

毎月2度、施設長の勉強会を東京で行っています。

栃木、群馬、 愛知県など遠いところから
東京にわざわざ集まってもらっております。

8月2日土曜日に
恒例の施設長勉強会が行われました。

栃木県・真岡の女性施設長と、そのスタッフが 
湘南新宿ラインで来る途中、
電車の中で突然男性が倒れるのを見つけたようです。

車内はかなり混んでいた状態でしたが、
人をかき分け、倒れた男性のもとに近寄りました。
隣では中学生ぐらいの娘さんが、ワンワン泣いている状態でした。
部下の男性スタッフが脈を測ると、
止まっている状態だったそうです。

うちの女性施設長が、
普段研修で学んでいる
心肺蘇生の措置を行うことで、
その男性は息を吹き返したそうです。

その息を吹き返した男性は
倒れたまま自分が常用している薬を取り出し、
慌てて飲んでいたそうです。

この倒れた男性は、心臓の持病を持っていたそうです。
もし、人命救助していなかったとしたら、
わんわん泣いている娘さんの前で、
男性が亡くなっていたかもしれないと思うと、
無事でよかったと思わざるを得ません。

うちのスタッフは、良くやったと思います。

救助した女性施設長は、

「人が急に倒れたのに、
周りにあれだけ人がいたのに、
ほとんどの人が知らん顔していたんです。」

と言っておりました。

また

「自分の介護スキルが、
誰かの為に役に立ったことが 本当に嬉しい。」

と言っておりました。

実際  自分がその場にいても
大丈夫ですか?と言うのが精一杯で
何もできなかったと思います。

自分の会社のスタッフが、
自然と人命救助してくれたことが、とても嬉しかったので、
ブログに書かせてもらいました。

うちの会社本当に良い人が集まってます。

ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

坂本社長とお会いして

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」で大躍進中の
坂本社長とご一緒させていただきました。

坂本社長とお会いする度に、
大成功者は違うんだなぁ!と感心させられます。

一緒にいる人を、本当に楽しませてくれます。

また一般の人とは基準がまるで違います。
制限が無いと、言いますか、
思考に枠がないと言いますか、
びっくりするようなことをおっしゃいます。

桁違いのプラス思考に、ただただ驚くばかりです。

そして 当たり前のように実行し
現実のものとしております。

考え方で全てが決まり、
思考が現実化すると言うことを、
改めて認識いたしました。

70歳過ぎても、
第一線で、経営者として大活躍されている坂本社長を見習って 
改めて頑張ろうと決意しました。

| | トラックバック (0)

カシオ計算機株式会社の取締役

あのカシオ計算機株式会社の取締役になった
大学時代の友人と久しぶりに会食をしました。

この男、凄い奴で、1万人の社員の中から
7人しかいない取締役に選ばれています。

7人の取締役の内、5人が創業家の出身であります。

学生時代から凄かったですが、
たいしたもんだなと、改めて感心しました。

彼は今、自分のいる間に、3,500億円の売上を
7,000億円にするにはどうしたらいいのか!?
日々検討し、準備しているとのことです。

うちはまず、100億円の売り上げを200億円にし、
そして500億円にするにはどうしたらいいのか日々考えていますが、
規模が違い過ぎます。
もちろん、売り上げだけではなく、利益も重視しています。

やはり今回も勉強になった事は、
このCASIOを作った創業オーナーが
85歳になってもトップ営業行い、
第一線で頑張っていることで、とても刺激を受けました。

当然営業先は大企業ですけれども、
そこでのちょっとしたやりとりを聞かせていただくと、
なるほどと思う企業経営の要諦を教えてもらいます。

それと、市場シェア一番であると言うことが、
経営にどのような影響を及ぼすのかを、
改めて認識しました。

どこで  どのように戦い
そして勝ちを収め、勝ち続けるために
どうするのかを決めておく必要があるんだなと感じました。

大企業と中小企業の戦略は当然違いますが、
規模拡大するためには、いずれも新しいことに挑戦しなければなりません。

そう、いずれも挑戦しなければならないのです。
逆を言えば、挑戦し続けることが出来れば
何らかの結果を得る事が出来るのかもしれません。

また企業買収する際の注意点なども教えてもらいました。
時代が変わっていて、昔の基準では買収は難しい。
新しいしっかりした基準を持っておく必要があるとのこと。
具体的に色々と教えてもらいました。

これも当たり前なことなのですが、
経営者の決断が、その会社を良くも悪くもしてしまう。
その事業に対する  将来性   収益性  等を、
見極めなければなりません。

経営者がやらなければいけないことが沢山ありますが、
決断のみが、最も重要な仕事であると
つくづく感じた会食になりました。

今年は当社も、正念場を迎えます。
40の介護施設オープンが待っています。
今まで年間40施設は、オープンさせた事はなく
まさに正念場です。

友人も頑張ってることですし、
負けないように頑張ります。

| | トラックバック (0)

素晴らしい刺激を与えていただきました。

約2000億円の売り上げを誇るT会社の
副社長と会食させて頂きました。

場所は六本木ヒルズクラブ。
自分のエリア内だったために、
どこか油断していました。

準備不足でした!

素晴らしい人で、本当に参りました。
準備不足も重なり、
打ちのめされたような強烈な刺激をいただきました。

人を思う気遣いが凄い。
人と会うための準備が凄い。
スマートさが違う。
ものすごく余裕を感じました。
懐の深さを感じました。
経験、知識共に私より遥かに優れております。

本当に参りました。

この方は、
この大会社のオーナーに仕えている立場でありますが、
そのオーナーに仕えるとは、
どういうことなのかという話の中から
逆にオーナーとは、どうあらねばならないかを
教えていただいたような気がします。

とても奥の深い話です。
感激しました!

この会社の創業者から、
経営のイロハを教えていただいたとおっしゃってましたが、
自分はいつになったら、
どうやったら人に何かを伝えられるようになるのか?、
とても考えさせられます。

成功している会社、伸びてる会社は必ず共通項があります。
会社の中に流れている「 理念、考え方」が
素晴らしいかどうかで決まっています。
こちらの会社も創業者の理念を、隅々まで浸透させております。

成功に近道はなく、同じことのように見えることを
コツコツと積み上げていくしかないのかもしれません。

この理念をどこまで浸透させられるか、
自分自身においても
自分自身にどこまで浸透させられるか、
この辺が大きく結果を左右すると
改めて感じました。

また沢山のベンチャー企業投資をしていた関係で、
成功するベンチャー企業と
ダメになってしまうベンチャー企業には、
はっきりとした差があると教えて頂きました。

それは、そこで働いている社員全体から
この会社を良くしてやろうという、エネルギーを感じない会社は
ダメになっている、と教えていただきました。

経営を左右する要素は
社長の能力才能は   確かに大きく影響するのは当然ですが、
それ以上に、その経営者に流れている
考え方、理念が重要であるかということを認識しました。

普段   教えていただいている西田先生、
稲盛塾長の言われている通りです。

どこまで実践できるか!

I様、本当にありがとうございました。
感謝申し上げます。

| | トラックバック (0)

2014年 新年会

2014年 明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします

1月5日に、恒例の幹部による全体新年会を行いました。



今年の目標・重要な行動指針、を発表させて頂きました。

今年の目標は

・昨年出来なかった200億円の基盤を作る
・新規事業スタート

また、重要な行動指針は

・能力を際立たせる!
・考え方を高める、潜在意識を高める!
・あと売り上げ5パーセント増加を徹底的に意識する!

その他に
各事業会社の売り上げ目標、営業利益目標など
設定させていただきました。

うちの会社には
15年以上勤めてくれてる社員が数名おります。
その社員が、今も第一線で活躍してくれております。

それだけではなく
不動産をやったり、介護したり、他の仕事をしながらも
常に彼らが第一線で活躍しており、
結果を残せる優秀な社員であります。

単純に彼らが優秀だとも言えますが、
最近、それだけではない、ということに気がつきました。



「潜在意識を高める!」

今年のテーマに入れたのは
彼らが優秀なのは、潜在意識が高まってるから、
能力は普通でも、何をやっても結果的には
そつなくこなしているのではないだろうか?!と考えました。
(もちろん優秀なんですけど(笑))

会社は、10年後・20年後・30年後、と続くわけです。
20年後は、今30歳の社員が
会社の幹部になっているわけで、
何をやっても、どんな社会情勢になっていても、
第一線で活躍できる人材を育てる必要があります。

今年からこの潜在意識を高めるために
過去、15年間以上続けてきたけれど
最近やめていたことを
20代・30代・40代・本社、社員限定で復活しました。

会社を安定させるためにも
規模を拡大し、資本を増強し、
競争に負けない会社を作ろうと思っていますが、
その会社を組織を運営する幹部が育っていないとすれば
拡大させた分崩壊するリスクが高まってしまいます。

10年後・20年後には
世の中の状況がどうなっているか
だれも予測はできないと思いますが
どんな世の中になろうと、
その状況に対応できる会社並びに幹部社員を育てていくことが
私の仕事の1つだと理解しております。

若い社員と仕事をしていると
時には、明らかに私より頭の良い社員がいます。
いえ、ほとんどの社員がそうなのですが、
なぜか仕事の結果があまりよくない。

せっかくうまくいっていて、これからというときに、
なんか変なことをして
その仕事を投げ出してしまうケースを多く見受けます。

結果的にうまくいっていないという事なのですが
やはりこの違いは、考え方の違いであり
考え方の違いとは潜在意識の違いである、と思います。

潜在意識は自分が創り出してるものであり、
自分の都合の良いようにいくらでも変えることができます。

個人にも潜在意識があるように
集団にも潜在意識がある。

この集団が持っている潜在意識が、
勝つことができる潜在意識なのか、倒産してしまう潜在意識なのか、によって
組織の結果は大きく変わってくるだろうと私は思っています。

潜在意識が高まることによって、
個人が持っている能力、組織が持っている能力が
生かされると思っております。

また単純に、
100億の売り上げになると、毎日5パーセント売り上げをロスしていれば、
また、まあまあの結果だからこれでいいやと思いながら、
5パーセントの売り上げをロスしていれば
年間5億円お金が違ってきます。

税金を払うにしても、会社の資本に充当するにしても
借金を返済にするにしても、賞与に充当するにしても、大変な金額になります。

会社で働く全ての人が、
売上を最大にして経費を最小にすると言う
最も基本的なことを、当たり前にできる会社にしていきたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。松本   

| | トラックバック (0)

我が人生の師( PHP研究所 出版)

「我が人生の師」(PHP研究所 出版)に
寄稿させていただきました。



20代には、中学時代友人だったO君に、
約8,000万円のお金を貸し、返済されることなく、
破産され、踏み倒されたことがあります。
友達の私には何らかの形で返してくれるんではないかと
甘い期待を持っておりました。

人生甘くないよと、厳しく教えてくれたO君は、
人生の1人の師匠になりました。

私はそれ以来ずっと人生は厳しいものだ、
言い聞かせながら生きてきました。

40代になってから、
うまくいかないことが重なり、
軽いノイローゼになったことがあります。
人生は厳しいのだから、
悪く悪く考える習慣があったわけです。

そんな時、西田先生に会い
「人生はベロベロ甘い。世の中もベロベロ甘い」と
教えていただきました。

プラスのイメージが人生を好転させることを教えて頂きました。

もう1人の人生の師匠です。

自分の周りにいる全ての人が、
自分の心構え次第によっては人生の師匠になると思っております。

全く反対の教えです。
しかし私は人生の真理だと思っております。

余談ですが、
プラスのイメージ性善説だけで仕事をしていたら、
「そうじゃないんだよ!」と、
O君以上に強烈に教えてくれる奴が現れるから、
人生厳しいなぁ、と思います。

でも、「世の中ベロベロに甘い」と思いながら前に進んでいきます。

感謝

| | トラックバック (0)

オリックス宮内会長

オリックス宮内会長御一家二代豊国、来店!感激です。



【経営には〇〇力が必要だ。】

オリックスの宮内会長が二代豊国に来店してくれました。
種を明かせば、
仲間の宮内修さんが、家族で飯を食べに来てくれただけなのですが、
とても嬉しく感じております。

私は常々社員には言っているのですが、
目指すはオリックス!
オリックスのような会社にすると、
よく言っております。

その今のオリックスを築き上げた、
尊敬してる宮内会長が来店してくれたのですから感激しました。

当社は以前、
オリックスから出資を受けていたこともあります。

あまり人には言っておらず、
もちろん、宮内修さんにも言ってませんでしたが、
宮内会長語録を勉強して、経営の指針にしておりました。


また、オリックス宮内会長の講演テープを
かなりの回数聞いております。

その講演テープも少し聞いていただいたところ、
「これはいつの講演だ?」とのことでしたが、
私は、相当の回数聞いて、
成功する考え方を洗脳してました。

オリックス宮内会長は、
経営にはなんといっても〇〇力が必要だ、とおっしゃっています。

私自身このことを常々意識して、経営をしておりました。

今回出資をしていて頂いていたお礼と、
この〇〇力を意識して経営をさせて頂いてることを伝えさせていただきました。

そのことを伝えると、オリックス宮内会長は、
日本の経営者はそれをしない人が多いと
また改めて教えて頂きました。

介護事業の展開の仕方などにも興味を持って頂き、
ほんの短い時間でしたが、
とても、やる気モリモリになる時間を与えてくれました。

ちょっと嫌なことが、続いていた時だけに、
本当に素晴らしい刺激をありがとうございました。

今回宮内修さんが、
ご自身が経営している神田のカレー屋さん、
「カレー倶楽部関東総本店」に両親を連れて行く途中に、
無理矢理、一杯飲んでいくと言う理由で、立ち寄ってくれたのですが、
本当にありがたいと、感謝しております。

| | トラックバック (0)

介護施設のベッド数ランキング

介護施設のベッド数ランキングが発表されました。



当社は全国で25位にランクインすることができました。

26位には、あのオリックスの介護事業部門
オリックスリビングさんです。
24位はやはり上場している、フジ住宅の介護事業部門です。

大きな会社に挟まれていますが、
少しずつですが確実に成長してます。

これもなんといっても社員のおかげです。
本当にありがとうございます。

来年は、何とか20位にはなれるように頑張っていきます。

我々が介護施設を増やしているのは、

我々が介護施設を増やすことは、
他社が介護施設を増やすより
世のために役に立つという信念から行っております。

どこよりも安く、
どこよりもホスピタリティの高い
介護施設を運営してまいります。

今後ともご協力のほどよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

全ては心が決める。心とは脳のことである。

自分では、随分いろんな経験をしてきたと
常々思っていましたが、
この年になって本当にびっくりすることが起きました。

起きたと言うか、長い間行われていたけれども
最近になってやっと
その事に気が付いたということです。

私自身のこれまでの人生観や、
私自身の感性をも、
変えなければならないようなことが起きてしまいました。

全ての悪い結果には必ずうちに原因がある!

私自身が起こしたことではありませんが、
自分が悪いということです。

自分の何が悪かったのかと考えてみると、
やはりマイナスの動機に支配されていたと、
反省せざるを得ません。

事態への対応、再発防止策、
改善策は既に行われており
今後に支障は無いのですが、

悪いことを引き寄せてしまう、
私の心の在り方を、今一度引き締めたいと思います。

28歳の時
再起をかけて自分自身を戒めるために、
たくさんの文章を、書き記しましたが、

その第一条は、

「全ては心が決める。心とは脳のことである。」

です。

改めてマイナスの動機に支配されていない心の在り方を
維持できるように精進したいと思います。

| | トラックバック (0)

タナベ経営主催の勉強会

昨日、タナベ経営主催の勉強会に行ってきまして
(株)ツムラを再建させた会長の話を聞くことができました。

10年ほどで、
約1,000億の売り上げに対して
負債も1,300億円あった会社が
現在の負債は230億円になったそうです。

1,000人以上のリストラも行い
赤字の子会社の清算などを行ったそうです。
一緒に働いていた仲間に
退職を迫らなくてはならない辛さは
想像絶するものがあったそうです。
名門のツムラがそこまで悪くなったのは
前経営陣が、悪かったからでしょう。
どんな会社もトップの
「考え方、こだわり、執念」によって
いくらでも会社は変わるということを、改めて認識しました。

また、我々もいずれ農業に進出し、
甘草などの生薬を作ることを考えていましたが、
既にラオスで、1,000ヘクタールの農地で生薬を作っているそうです。
これでは追いつけないなぁと、改めて感じました。

その他に勉強させて頂いたのは、
ラスクの「ガトー フェスタ ハラダ」の経営状態を教えてもらった事です。

この10年で
8,000万だった売り上げが
現在は、163億円になり、
約200倍の成長を遂げている、と聞きました。

売り上げが、8億円の時に、どういう投資を行い、
また、30億円ぐらいの売り上げの時に、いくらの投資をしたか、
興味深い数字でした。

他にも、お菓子を売る戦略が
明確で、ずいぶん勉強になりました。

最近「ガトー フェスタ ハラダ」
以前のように行列ができていないので
これからどういう戦略を取るのか、
個人的には非常に興味がわきました。
まだまだやればできるぞ、という信念・執念のようなものが湧いてきました。

当社も10年で200倍の売り上げになるように
ますます頑張ろうと思いました。

これからやる新規事業が鍵になると思います。
気合入れて頑張ります。

応援よろしくお願いします。(^-^)/

| | トラックバック (0)

うちの介護施設でのちょっといい話!

うちの介護施設でのちょっといい話です!

----------------------

富士三ツ沢では、ターミナルの方のこ本人・ご家族と
病院の看護師・ソーシャルワーカーの方から、
感謝を頂いた事が何度かありました。

昨夏、特に印象に残ったご利用者様がいました。

あるご利用者様が、肝臓ガンを悪化させ
ターミナルとなりました。

治療の為、富士中央病院へと入院されましたが、
もって半月…という時に
「ふるさとホームに帰りたい、みんなに会いたい」と
先生や看護師・担当ソーシャルワーカーに
訴えて下さいました。

病院から「体調悪化の際は全面的に協力するから、
数日だけでも、受け入れてあげられないか?」とのご相談を頂きました。

早速、職員と話し合うと、
全員が「お受け入れしよう。限界まで支えよう」と言ってくれました。

ホームに戻って3日後に状態が悪化され、
再入院の2日後に亡くなられましたが、
人生の最後に「ふるさとホームで過ごしたい」
と病床から訴えて頂けた事、苦しい中、
デイのベッドで大きな声で歌って頂けた事…
職員一同感謝しております。

理由があってご家族と断絶されていましたが、
再入院の際に、ご家族が駆けつけて下さいました。

奥様と娘さんに
「今まで悪かった。ごめんよ」と話されていましたが、
その後は、ほぼ意識が回復されないまま亡くなられました。

ご家族に謝る為に、
限界を超えて頑張られていたのだと思います。

人それぞれに、最後の時を迎えるにあたり
「思い」があると思います。

日々のお手伝いはもちろんですが、
人生の締めくくりをお手伝い出来る事がある事を
職員一同、誇りに思える経験をさせて頂きました。

ありがとうございます。

富士三ツ沢  芹澤史季

----------------------

非常に嬉しく思いました。

| | トラックバック (0)

高村正彦副総裁、元自治大臣上杉光弘先生

御2人の衆議院議員当選を祝う会に
参加させていたきました。



高村副総裁とお話をさせていただくと
本当に穏やかな方で、魅了されました。



自分は、すぐ偉そうなことを言ってしまうので、
謙虚で穏やかな人物にならなければ、と強烈に思いました。

上杉先生とは15年ほど
お付き合いをさせて頂いておりますが、
今回の当選で、8年ぶりに
国政に戻ってきたことになります。

上杉自治大臣時代に、先生から、
昔落選し、4年間下野していた時のことを
話をしていただいたことがあるのですが、
改めてその話を思い出しました。

今回は、8年ですから
それはそれは大変だったのではないかなぁ、と思います。

今回の祝賀会に参加させて頂きまして、
やはり、ご縁の大切さを、改めて勉強させて頂きました。

どんな人と、どのようにお付き合い出来るかによって
人生は大きく変わるのだと、強く感じました。

ご縁を大切にするということは、
感謝の気持ちを忘れない、という事にもなるでしょうし、
利他の精神で生きていく、と言う事にもなるのだと思います。

改めて、利他の精神、感謝を忘れず
恩返しができる人物を目指します。

| | トラックバック (0)

2013年 新年会

1月6日、会社全体の新年会をJALシティーホテルで、
230人の幹部社員と共に行いました。



以下の話をさせて頂きました。

----------



新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

本題に、入る前に、
立場が上がると、また地位が上がると、
多分心が緩むのか、満足してしまうのか、
不思議とダメになってしまう人が、多く見受けられます。
立場が上がると今までやっていた事では、
評価されなくなります。

求められることが違うのです。
求められることが、変わって来ていることを忘れず
仕事に、励んでいただきたいと思います。

このことは、ここに座っている他の方にも、当てはまることです。
十分意識して下さい。

2012年の新年会では
「2012年は、激動の年になる」と言いましたが、
特別な事は起こらず、良かったなと思っております。

2013年は、安倍内閣が誕生し
株も上がり、なんとなく
明るい将来を大きく期待しているようですが、
そう簡単にうまく行くとは思っておりません。

商売を続けていくのが難しい環境になるのではないか、と
非常に心配しております。

そんな中で、2013年がスタートします。

社訓以外の、今年のテーマですが

1)お客様仲間から評価されるまで仕事をする。

2)すでに起こった未来に対して、しっかり対応する。

3)売り上げ200億円の基盤を作る。

4)新規事業スタート、
新規事業のスタート準備。

5)陰口悪口を言わない。

すべて「考え方」が重要だということに基づいて
話をしていきます。

1)お客様から仲間から評価されるまで仕事をする

どんなに我々が一生懸命仕事をしたとしても
お客様に満足して頂けなければ、
評価されることはありません。
自分達が求めている結果にはつながらないのです。

お客様は、
我々が一生懸命やっていることは当たり前で、
我々が一生懸命やっているかどうかより、
お客様にとって有益なものを求めているのです。

お客様が、満足するまで頑張るしかありません。

「頑張ってます!」
他の店より頑張ってます、と言ってる人が居ても、
もし、お客様が来てくれなければ、お客様を喜ばせてないのです。
評価されてないのです。

お客様に評価される仕事をしなければなりません。

自分が美味しいと思っていても
お客様があまり美味しくないと言えば、美味しくないのです。

お客様が、求めているものを提供しなければ、

我々に明日はありません。

自分のサービスは最高だと思っていても、
お客様が、良くないと言えば良くないのです。

また来たいと、思われるまで
サービスをしなければなりません。

お客様にとって役に立っている、必要な店だと
思われない限り商売を続けて行くことはできません。
明日は無いのです。

もし評価して頂けないと、すれば、
我々の努力は、その他大勢の努力と変わらないのかもしれません。

今年も、命がけでお客様を喜ばせて頂きたい、と思っております。

また、社長がちゃんと仕事していない、と言う人がいれば
社長は、誰もが認める結果を出して行かなければならないのです。
結果で示していくしかありません。

部長クラスが一生懸命に仕事をしたとしても、
基準が低ければ、
本人が低い基準で満足して、大した仕事をしません。
当然、周りから評価される事はありません。

エリアマネージャーの評判が悪いと、報告が上がってきます。
何か動きが悪いのでしょう。

周りが納得する仕事をしなければなりません。

一般社員においても同じです。
一生懸命やっているのに評価されない!と言う人が多いですが、
基準が変われば全て変わるのです。

周りの人が評価してくれる基準で仕事をすることが大切なんです。

良いも悪いも評価は、他人がするのです。

厳しいように聞こえますが、逆のこともあります。

誰か1人に認めてもらったばかりに、
人生が大きく好転していく場合があります。

誰か1人に強烈に応援してもらって
店が繁盛店になる場合があります。

たった1人の誰かに認めてもらったばかりに、
幸せな人生を送ることが出来る場合も多くあります。

実際に私も経験しております。

お客様を喜ばすこと、仲間も喜ばす事をやり続ければ
全てにおいて、必ずもっと良くなると私は信じています。

2)すでに起こった未来にしっかり対応する

時代は刻々と変化しております。
取り巻く環境も、ものすごい勢いで変わってきています。

過去に、今の日本を予想していた人達も沢山いると思います。

変化は、急に起こるわけではありません。
じわじわじわじわと、変化しているはずです。

時代の変化、環境の変化に対応しなければ
我々は生き残ることが出来ません。

例えば、日本の財政が破綻しそうです。

そのために、消費税が上がるかもしれません。

安部さんが「デフレ脱却、デフレ脱却」と言っているのは、
消費税を上げたいからです。

財政が苦しくなるので、
国民の負担は日に日に増加していきます。

景気が大幅に良くなる事はないでしょうから、
国民の手取りは少なくなっていきます。

地方都市の人口は、現在においてさえ、
65歳以上の高齢者が、50%近く占めている都市が、沢山あります。

高齢化がますます、進むわけですから
国の負担は増えてしまいます。

日本の国力が衰えると同時に
中国が台頭してくる事は、間違いありません。

人口の増減からみても、
アジアはこれからますます成長するでしょう。

近いところで言うと、
結果の悪かった、施設、店、人は、
同じことをやっていたのでは、
今年も同じ結果になります。
起こった未来です。

何が何でも変化させなければならない、ということです。

会社の従業員人数は、
来年の今頃は楽に3,000人を超えます。
まだ3,000人はいないですが、既に決定していることです。

この3,000人の従業員をまとめることが出来なければ、
組織は崩壊してしまいます。

自分勝手に、自分に都合よく仕事をしていれば、
組織はまとまる訳がありません。

創業期とは違うのです。
しっかりとした仕組みを作り、
新しい基準での対応をお願いします。

早急に準備する必要があります。
人事部は後手後手になっています。

介護施設がいずれ、確実に飽和します。
飽和すれば競争は激しくなります。

この競争に耐えられる準備を
しておかなければならないということです。

企業を構成するのは人であり、
人の成長がその組織の成長になります。

人を育てる仕組みを作ることも急務になります。

他社では出来ないことを、
我々が出来るようになっておく必要があると言うことです。

今、目の前で起きている変化を、
素直に認め、対応できる組織にしていきましょう。

3)売り上げ200億円の基盤を作る。

単に売り上げ・規模を拡大するという意味ではなく
利益が伴う成長を目指すということです。

規模が拡大することで、力がつくことで、
その時に
やらなければいけないこと、
やった方がいいこと、
やりたいと思うことが
躊躇なく出来るようになります。

このことは企業が生き残るためには
絶対に必要なことです。

また会社を拡大させ、安定させしっかりと利益を出すことによって、
私を含めて、会社の従業員が、
安心して働けるような環境を、作りたいと考えております。

4)新規事業スタート
新規事業スタートの準備をする

今現在、介護事業がうまくいっておりますが、
次の仕事を準備しておくことが、絶対必要となります。

介護事業の飽和状態に伴う競争時代に備える必要があります。

積極的な投資を行い、将来役に立つ、
将来会社を支えてくれる事業の柱を立てる必要があります。

まず今年から葬祭事業部を立ち上げます。
この仕事は介護事業部の延長であり、
本当の意味で新規事業でありませんが
一つの柱にしていきたいと思っております。
ご協力宜しくお願いいたします。

5)陰口悪口は言わない

単純に、働きやすい職場作りたいと思っております。

一緒に働いてる人が素晴らしい人ならば、
ここで働きたいと思って下さる方も多いのでないかと考えています。

陰口や悪口ばかり言ってる人がいれば、
何もそんな嫌な職場で働く必要はなく、
他にいくらでも働く場所はあるわけです。

優秀な人間を辞めさせてしまってるケースが
あるのでないかと心配しております。

陰口や悪口ばかり言って足を引っ張っている人は、
その場は相手がうんうんと、聞いてくれてるから
自分は好かれてると勘違いしているのでしょうが、嫌われています。

会社を低いレベルでまとめるつもりはありません。
厳しく注意すべきことは、しっかり注意していくつもりです。

「小善は大悪なり、大善は非情に似たり!」

だからこそ、余計な悪口陰口は
厳に慎んで頂きたいと考えております。

自分の自信の無さ、また何か欲求不満で
悪口陰口を言ってしまうのでしょうが、
言っても解消される事はありません。

なぜならば、脳は入力と出力で出来ております。
自信がないことで、何かマイナスの行動起こせば
その自信のなさは強化されてしまいます。

また脳は、主語を理解できません。

「あの人は凄い凄い」と言っていれば、
脳にとっては、自分がすごい凄いと言っているのと同じです。

人のことを、「ダメだ、ダメだ」と言っていれば
自分のことを、ダメだと言ってるのと変わらないのです。

どうせ錯覚するならば
自分は凄い、と錯覚したほうがいいと思います。

また、悪口陰口不満ばかり言っている人は、
根本的に自分が支えられてる、と言う
感謝の気持ちがないのではないかと思います。

何か強烈な逆境に突き落とされないと、
自分が支えられている、ということが
分からないかもしれませんが、
自分1人で良い結果など出せるわけがないのです。

感謝するとか、恩返しをするとか、
自分以外の誰かの為に頑張ろうとか、
お客様の為に頑張ろうとか、
プラスの感情を維持することは、
分かっていても難しいものです。

天才エジソンでさえ、
自分の労働は、多くの人の支えにより成り立っている、と
一日100回以上自分に言い聞かせていたそうです。

我々も改めて、
お客様がいて、仲間がいて、成り立っている、ということを
強く心に叩き込んで、
そして、昨年までの嫌なことは全て忘れて
新しい気持ちで一年間、頑張っていきましょう!

| | トラックバック (0)

施設長会議にて

みなさんのおかげで介護施設を
ここまでオープンさせることができました。

本当にありがとうございます。

我々が、介護施設を作るということが、他社がやるより
日本という国にとって有益なければならないと思ってます。

単に安いだけではなく、
他では受け入れることができないような人を受けるいれることが、
我々の最大の使命ではないかと思っております。

介護業界で、我々が存在することによって、
明らかに役に立たなければ、存在意義はないと考えております。

仕事をさせていただいてる、という
感謝の気持ちを改めて持って頂きたいし、
一緒に働く仲間にも、
仕事への感謝を忘れさせないで欲しいと思ってます。

我々の仕事は、素晴らしい仕事であり、
本当にお客様の役に立ち、お客様に必要とされる仕事であります。
時には、大変な事もあるかもしれませんが
仕事させていただいてる、と言う事を忘れては
我々に、明日はないと思います。

医療介護、またその周辺機器メーカーとして
1番の会社になるという目標でやっていこうと思っております。

我々が1番になることが
お客様のためになり
仲間のためになり
地域のためになる
会社になる会社を目指します。

もっともっと力をつけて
我々が存在することが日本の為になるという、
そういう会社にして行かなければならないと考えております。

組織を大きくしていく上でやはり注意していかなければならないことは、
考え方、ベクトルが合っているかどうかということだと思います。

その人を作っているのは、その人の考え方であり、
組織を作るのも、その組織の根幹に流れている考え方がとても重要になります。

その組織のベクトルが少しでも合うように
皆さんにわざわざ東京まで来ていただいてるわけです。

わがグループの基本的な考え方は、
「お客様のため、仲間のため」に頑張ることを、
最も基本的な考え方だとしております。

自分のため、自分のためと
言いたい気持ちは当然分かります。
しかし、自分のため自分のため、と
言いながら頑張っている人は、不思議と
たいした結果も出せず、不満を持っている場合が多いのです。

サービス事業をしている我々が、お客様を喜ばせずに
我々が喜べることなど絶対にないと考えています。

利他の精神だとか、他喜力だとか、
難しいことを言っていますけれども
単純に人を喜ばせようと思わない人とは
付き合ことが嫌だなぁ、と誰もが感じているはずです。

あるエリアマネージャーが、部下からの評判を落としているのも
自分の立場が強いからと言う場合が多いようです。

施設長も、うまくいっていない人は
やはり上司としての自覚が無く
自分中心の考え方になっているのではないでしょうか?

会社の目的  社訓をしっかりと浸透させること、
また、理解して頂きたいと、改めてお願いしたいと思っております。

同じ話を何度も聞かされてると感じてると思いますが、
実際に出来ていないし、
中にはしようとも思わない人もいるようです。

沢山の人が同時に話を聞いていると
自分は関係がないと思ってしまうようで、
少人数の勉強会をさせて頂いているのです。

あの本田宗一郎さんですら、
「技術はどうでもいい、
大切なのはその組織の根幹に流れている思想である。」
と、言っています。

施設長やエリアマネージャー、本部長、社長含めて、
今まで以上に勉強し、成長し、
今までの自分には負けない努力をしましょう!

人の本質をなおすのは根気であり 、
人の一部分をなおすのは指摘です 。
根気には愛が必要で
指摘には神経が必要であります。

人の心は、指摘では治りません。
愛の根気が必要であると、西田先生に教えられています。

施設によっては、施設長が束ねているのではなく
他の方たちが支えて、その施設をまとめている場合が、
多いように感じております。

施設長本人にその技量がなく、
自分がまとめることができないならば、
それを支えてくれてる人に対して
素直に感謝して、それを認めて
自分ができる最高の努力をするべきだと思います。

自分が出来ないくせに、その人たちと戦ってしまうのは
技量もなければ、器量もない、という事ではないでしょうか。

エリアマネージャーで困った人は、自分の都合で
自分にとって都合のよい組織を作ろうとしている傾向があります。

私はそのやり方を評価はしません。

そうに思われないように
気をつけて行動していただきたいと思います。

エリアマネージャーは、自らと、施設長を鍛え
勉強し、判断力を高め、自分で考えられるような
施設長リーダーに育って欲しいと思ってます。

上に立つ人間の基準が、甘ければ
必ずその組織は崩壊していきます。

結果の違いは、
その人が持っている思いの違いに過ぎません。
目標を信念まで高めて下さい。

目標未達の時は、
「自分に強い意志、 本気の思い、どうしてもと思う情熱」
があったかを、社訓通り確認して下さい。

新しき計画の成就は、只不屈不撓の一心にあり
さらばひたむきに只想え
気高く強く一筋に

| | トラックバック (0)

高度成長期の日本人のように

高度成長期の日本人のように
我々は、もっと働かなければならないのではないか!

日銀法変えて、お金をじゃぶじゃぶ刷れば
インフレになると言う議論がありますが
そんなに簡単ではないと私も思います。

2000年から2006年まで、
日本はお金をジャブジャブ刷っていました。
しかしデフレは解消せず、世界にバブルを作ってしまいました。

新興国の工業化で、安価な工業製品が世界に溢れて
消費者物価指数の財の部分の値段は、大きく下がり続けています。

お金をジャブジャブにしても
パソコンの値段は上がりません。

日銀法を改正してまで
金融政策を変えようとするのは危険なような気がします。
日銀総裁が日本の総理大臣のように政府の都合でコロコロ変わると、
ますます信用を失うような気がします。

1998年に日銀法改正した背景は、
S&Pが、金融政策の監督主体を
大蔵省で中央銀行としての独立性が
最も低いとしたことが原因の一つです。

また信用を失う方に、元に戻すような気がしてなりません。

また、インフレ目標を2から3%にして、
物価を上昇させるとの事ですが、
バブル時代でさえ平均1.8%しか上昇していないのに
この環境の中、上がるのでしょうか?

仮にインフレ率が3%になった場合金利はどうなるのでしょうか?
国債価格が暴落し、
銀行を直撃することになります。

日本は現在エネルギー不足に直面していますが、
円高が多少なりともエネルギー価格の高騰を
吸収しているような気もします。

円安になれば輸出は増えるでしょうが、
現在のGDP対比の輸出依存度は14%です。
海外移転が進んだ、結果なのかもしれません。
円安になったとき
日本には売るものがないということもあるのでしょうか?
ちょっと恐ろしいですね。

我々日本人が直面している問題は大きく、
少しずつ確実に良くしていく以外に
他に方法がないような気がしてなりません。

アジアの人達に負けないように
がむしゃらに働くしかないのでしょうね!

いかがでしょうか?

| | トラックバック (0)

 IMFの怖い警告

2012.10.9-14日に
日本では、1964年以来の48年ぶりに、IMFが開催され
全世界から2万の人々が来日しました。
しかし、ホスト国の日本は一週間前に 
財務大臣に、大臣未経験者が就任されたとかで、
がっかりしたとか、しないとかの話だそうです。
IMFは世界経済の見通しを、ことごとく下方修正しました。
そして、一段のデフレ圧力が、引き続き加わるとしています。
全世界、特に先進国のソブリンリスクが、
ますます高まっていることを警告しておりますが、
その中で、特に日本が危ないと強く警告しております。
日本国債は、82%を国内の投資家により所有されておりますが、
だから安心という方もいますが、
だから心配と、IMFは警告を鳴らしております。
日本の銀行の資産の25%が、日本国債になっており、
もしなんらかの原因で金利が1%上がっただけで、
自己資本の25%も毀損すると警告しております。
恐ろしいですね。
2012年の国債保有額404兆円で総資産の約26%
このまま行くと、2017年には、
510兆円で総資産の30%が国債になります。
いったい いつまで銀行は買い続けるのでしょうか?
いつまで買い続けられるのでしょうか?
詳しいことは省きますが、
もし金利が何らかの原因で3%上がると、
大手銀行は10兆円の損失
地方銀行は8.1兆円の損失になるとのことです。
そして 国債を売らざる負えなくなり 
世界同時大不況への引き金を引くのは、
日本になることを強く警戒しております。
実際は 現物を売る前に
先物で揺さぶられるとのことですが、
既に国債の先物の売買金額の7割以上は海外勢に握られており
非常に怖い状況にあります。
金融政策も財政政策も効かない今、
我々は、根本的な解決をしなくてはならない状況にいることだけは
確かだと思います。

| | トラックバック (0)

研修

いつもありがとうございます。

最近、社内研修を強化し始めています。

施設長研修・新人研修の二通りです!

そこで感じることは

社訓の一文にある
「売上と利益は感謝と恩返しと覚悟の延長にある」
このことが分かってないんだなと
つくづく感じます。

お金は欲しいけど
沢山働くのは嫌だと言ったり、

自分の為に働いてます、と
それが当たり前のように言う人が多いのです。

売上と利益は、個人の立場に置き換えると、
個人の収入だと思いますが、
やはり同じように
感謝と恩返しと覚悟の延長にあると思います。

売上も利益も個人の収入も少ないのは
自分のことばかり考えているからだと思います。

もちろん私自身まだまだですから
この感謝と恩返しと覚悟が足らないのだと思います。

この社訓の一行は、
数ある社訓の文章のなかで最後に入れた文章で
この年になって気がついた文章です。

今の私の最高の気づきだと思って戒めております。

ただ最近、
「感謝と恩返しと使命感と覚悟の延長にある」
の方が勝ってるなと感じていますので
明日から社訓を変えようと思いました。

実際、経営していく上で、
本当に沢山の人に助けてもらってます。

スタッフに助けてもらい、お客様に助けてもらって、
取引先に助けてもらって、会社も、私も、成り立っています。

昨日も恥も外聞もなく
私を助けてくれませんか、と頼んだばかりです。

そこまで口にしなくても
助けてもらえるようにお願いして
私を助けてあげようと動いてくれてる人が沢山いてくれて
どうにか成り立っております。

不思議なことに、
いつも困ってる私に力を貸してくれる方が現れます。

私を助けてくれてる沢山の人に感謝申し上げます。

ありがとうございます。

支えられてることを、本当に有り難いと思っております。

| | トラックバック (0)

森下仁丹

いつもありがとうございます。

森下仁丹様の新商品を
飲食店でお配りさせて頂いております。


仁丹というとあの苦い味を思い出す方も多いと思いますが、
爽やかな商品もあるんですね。

お食事後に口の中を爽やかにして頂こうと
配らせて頂いております。

飲食店ご来店時には、是非お楽しみ下さい。

| | トラックバック (0)

いつもありがとうございます。

10月、秋本番ということで、
古い仲間を連れて、銀座「舞桜」で
「思いっきり贅沢コース」を食べて来ました。

長い間、一緒に頑張ってくれる仲間がいることで、
自分が成り立っていると、強く感じる毎日です。

古い仲間だけでなく
会社を支えてくれてるスタッフは、1300人を越えています。
その上毎月100人は、新規に採用してる状態です。
本当に有り難いことです。
感謝です。

介護事業、調剤事業は順調で出店をどんどん計画しております。
介護施設は、今年の12月から毎月3施設オープンします。
今も建物がどんどん建築されております。

飲食業は、やや弱含みですが、
グループ全体では
来年の三月末決算では、今年と比べて
売上1.5倍、利益4倍以上を見込んでいます。

コスト構造を見直してたところ、
この規模になるとあることを実行すると
年間5000万円ほどコスト削減出来ることに気づき
嬉しく思っております。

今の収益力を活かして、
次の事業の準備を着々と進めなくてはなぁと、思う毎日です。

以下、「舞桜」での贅沢コースの写真です。
是非、ご賞味下さい。

雲丹と松茸の冷菜

活 カワハギ刺し

松茸の1本焼き

キンキと牛肉の焼き物

オマール海老のピリ辛煮

天然鮑とフォアグラのソテー

河豚のタタキ

松茸そば(写真、撮り忘れました)

メロン

個人的にもお勧めです。

| | トラックバック (0)

最後の戦い

最後の戦い
(毎年戦ってるので、本当は最後では無いのですが)
よくあることですが、
予定が狂い、予定してないところで戦いが起こりそうです。
本当は 戦う場所は 外国と思っていたのですが、
国内での戦いを強いられることになりました。
これで海外事業は 遅れることになります。
ヨシ!最後の戦いをやるか、という気分です。
ちなみに昨年も、最後になるかもしれないけれど
勝負だなと思いながら仕事をしておりました。
勝つと最後の戦いでなく続くのですが、
負ければ最後になるわけです。
いつものことですが、勝つイメージを作り
負けた時の準備と覚悟を同時に持ちながら、戦いを始めます。
今回は、勝つイメージが、どうも手探りで
まだイメージ化出来ていません。
しかし 負けた時の準備と覚悟は出来ています。
これでは負けてしまうような印象でしょうが、
戦う意気込みは相当なものです。
戦わなくてはならない環境を招いたのは、
全て私の心にあります。
安易な道を探し始めて状況を悪くしてしまいます。
こんな時に、いい方法がありますよ、と釣られると
地獄に落ちるのですが
私も、甘い誘惑に気持ちが傾いてしまいました。
心の弱さが 悪い結果を招いてしまいます。
強気、強気で行きましょう。
ちゃんと考えれば、
目の前に妙案があるのに、気づかないだけです。
必ず、勝つための策はあります。
楽しみながら、最後の戦いを始めようと思います。
「あら楽し 思ひは晴るる身は捨つる 浮世の月にかかる雲なし」
「かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ 大和魂」
この二句 最高ですね。
今の時代、ここまでの覚悟はなくても
生きていけますが、何かを始めるときに
もの凄いエネルギーを与えてくれます。

| | トラックバック (0)

坂本孝社長 part2

久しぶりに食事をさせて頂き、お話を聞いていると、
帰る頃には、あまりにも自分と違う、
驚愕する程の違いというか、
差を感じてしまいました。

全て桁違いに凄い!
本当に驚きました。

これが、社長として全国区に
名を知られる社長の実力か、と
思わずにはいられませんでした。

坂本社長は、現在
「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」で飲食不況の最中、
絶好調で、凄い勢いで出店されております。

発想が違う!
金の使い方が違う!
人脈が違う!
プラス思考が違う!
全て桁違いです。

本当に参いりました。

坂本社長は、70才を過ぎても、尚全てに旺盛なのに対して、
まだ50才でもない私が、
まるで70才を過ぎたような考えをしてるでないか、と
心配してしまう程の、衝撃を受けました。

最高の食事会でした。
しつこいようですが、本当に、衝撃を受けました。
この感動、この衝撃を味わうことは
滅多なことではないと思います。

私は、本当に単純で素直なものですから、
社長はこうでなくてはいけないと、教えて頂きました。

本当にありがとうございます。

気合い入れ直して、経営していきます。
またあらゆることにも、気合いを入れ直します!

| | トラックバック (0)

ふるさとホーム狭山

直営37番目  介護付き有料老人ホーム  
ふるさとホーム狭山78床 オープンしました。



今期は、あと17施設オープンがあります。

来期の介護施設オープン予定は、36施設です。

今までは、毎月2施設づつオープンしてましたが、
今年の11月からは
3施設づつのオープンになります。

今年の目標の一つに、
毎月3施設オープンに耐えられる組織作りを目指してましたが、
かなり大変です。
社員も既にゆうに1000人を越えてますが、
今期中に2000人を越えてしまいます。

スタッフの管理だけでも、今の2倍忙しくなります。
いつもですが、頑張り所です。

ここまでこれたのも、社員の頑張りのお陰です。
本当にありがとうございます。
売上と利益は、感謝と恩返しと覚悟の延長にあります。
(社訓の一行です)
感謝と、恩返しをしていきます。

| | トラックバック (0)

人の心ほど、移ろい易いものは無い。

「人の心ほど、移ろい易いものは無い」

この言葉は、盛和塾で稲盛塾長がことあるごとに話をしてくれるフレーズです。
何度聞いたか分からないほど、聞かせて頂いてます。

その度に、そうなんだと思っても
この言葉を経営に活かすことは出来ていませんでした。

この言葉の深い意味を全く理解出来ていなかったと、
今更ながら反省させられます。

その上
経営をしてて、何度も何度も
この言葉の深い意味を学ばされる局面に遭遇してるのに、
掘り下げませんでした。
その局面を、この言葉で状況分析してれば、
もっと事実を把握出来たと思います。
そして、同じ局面を回避出来たかもしれません。

学ぶ姿勢に、驕りがありました。
来週、稲盛さんの秘書をしてた方と会う約束があるので、
ここら辺のところを掘り下げて教えて頂こうと思っております。

お会いするのが楽しみです。

| | トラックバック (0)

あんしんホーム草加の親睦会

各施設では、月に一度、親睦会を開いてもらっています。

今回は、「あんしんホーム草加」の施設長より報告が来ましたので、
ご紹介させて頂きます。

-------------------------
-------------------------

親睦会を通じて、会社の理念の浸透と、
チーム力、チームワークをさらに向上していきます。

「努力しても、必ず結果が良くなる訳ではありませんが、
手を抜けば、必ず悪い結果になります。

自分が出来ると思っていても、
周りがダメだと思っている事もあります。

同じ事をしっかり繰り返す事で、一流になれます。

今、自分が毎日やらなくてはいけないルーティンワークは何か?
優先順位は、これで合っているのか?
何をしたら仲間のため、利用者様のためになるのか?

常に改めて考え、仲間、利用者様に感謝する気持ちを再認識して
チーム力、チームワーク力を高めていきましょう。」

このような内容の話をさせて頂きました。
施設長 今野

-------------------------
-------------------------

強いチームは、トップがしっかりしています。
施設長には、リーダーシップを取って頂き、
みんなで成長して欲しいと思います。

社員みんなが頑張ってくれているからこそ
会社が発展していくのだと、
社員に感謝の気持ちでいっぱいです。

いつも、本当にありがとうございます。

| | トラックバック (0)

やはり凄い!

久し振りに、大学の友人と会食することになった。
かれこれ20年ぶりのことだった。

大学時代には、将来こうするとか、
ああするとか夢を語っていた友人である。

彼は、大学を卒業後、
あのカシオに入社していたのですが、
なんと執行役員まで出世していた。

1万人いる社員の中で
20人しかいない役員になっていた。

本当に凄い!
なんか、うれしくて仕方なくてblogに書いてしまう。

彼は、学生の時から、実は凄かった。
リクルートでバイトをしていたが、
営業で1番の成績だった。

大学の時から凄い奴だと思っていたが、
28年たっても、凄さは衰えていない。

以前もblogに書いたが、
若いときに凄くても、ダメになる奴が多い中、
頑張ってるなと、良い刺激を受けた。

もう50才にもなると、
ある程度は、結果は出ている。
だから分かることがある。

20代にどんなことを語り、
どんなことをやっていたか、
そしてどんな実績を残してたかで、
その後その人が、どうなるか分かってしまう。

少し成功してもそれを維持することが、
いかに難しいかも分かる。

少しの成功ですら難しいのに、
仮にそれが出来ても、維持することが難しい中で
友人は、成功していた。

そして、
次に何をしないといけないかも、分かっていた。

この年になると、もう諦めてしまう奴が多いが、
まだまだ戦わないとな、と言って別れた。

| | トラックバック (0)

変化はチャンス

日銀法改正議論が、
民主党からも自民党からも出ています。

いずれも、政府が日銀を
コントロール出来るようにしたいということですが、
これは1942年にされた旧日銀法に戻るような議論で
ますます将来を不安にさせられます。

お金をバンバン刷れば、デフレが解消するという方もいますが、
2001年から2006年まで日銀は円を刷り巻くりましたが、
日本のデフレは収まることはなかったです。
それどころか、世界中がバブルになり、
リーマンショックが起こり現在に至っています。

消費者物価指数は、財とサービスの価格で形成されていて
その中には行政サービス価格も含まれています。

財の部分では、グローバル化と技術革新で価格を押し下げております。

高校の授業料無料化などは、サービス価格の下げ要因で
消費者物価指数を下げています。
今の民主党政権は、デフレ政策を取ってることになります。

お金をバンバン刷っても、
パソコンの値段は上がらないのは誰でも分かります。
技術は進化してて、同じ値段でも機能が年々高まっています。
実質的な値下げです。

物凄いスピードで世界は、グローバル化しています。

将来、我々が生き残るためには、
このグローバル化に如何に対応出来るかにかかっていると、緊張しております。

何をどのように準備をすればいいのかは、難しところですが、

準備をしてない大きな変化はピンチなります。
しかし、準備をしてる大きな変化は、チャンスになると信じ、
準備を怠らないようにしていきます。

| | トラックバック (0)

事実は、真実の敵なり

言葉には力があります。

その言葉を実践すれば、
いや、言葉を実践することが出来れば、
その言葉通りの人生を歩めるのに
歩まない人が多い。

とても残念なことです。

もったいないことです。

私は、恩師、西田文郎先生の言葉を
実践することで大きく人生を変えることが出来ました。

自分の習慣が邪魔して、
なかなか人の言葉を実践することが出来ないんですよね。

さて、本日紹介させて頂く言葉は、

「事実は真実の敵(かたき)なり。」

含蓄のある言葉です。

これは、草野豊己先生に教えて頂いた言葉ですが、
事実より、真実の方が本来の姿だということです。

全員が真実に目をつぶり、
真実と違う方向に走れば、
それが事実になるわけです。

しかし、真実は違う所にあるということです。
そしていつか真実に近づいて来ることになります。

再帰性理論が働いたと、みることも出来るわけです。

我々に必要なことは、
事実に惑わせられずに、真実を理解することです。

そうでなければ、間違えてしまいます。

起きた目の前の現象に騙されずに
真実を見極める目を持ちたいと思います。

| | トラックバック (0)

誕生日

本日誕生日を迎え、
また1つ無事に年を重ねることが出来ました。
天に守られていると感じずにはいられません。
本当に感謝しております。

会社もこの一年で、大きく成長して
随分と会社らしくなってきました。
これは、うちの専務を先頭に社員が頑張ってくれたからと
改めて本当に感謝申し上げます。

今期は、昨年の3月末決算と比べると30倍の経常利益になります。
勿論、昨年が大したことなかっただけのことですが、
成長したことだけは確かです。

テクニカルイレブンという言葉が有りますが、
今期はまさに、このテクニカルイレブンをどうにか切り抜けたことで
今後の事業拡大に弾みがつきそうです。

これからの1年後の決算は、
今期の3倍の経常利益は出るだろうと見込んでいます。
これは、あくまでも新規事業は行わないことが前提にあります。

今の介護事業  調剤事業は伸びておりますが、
これも立ち上がるまでには相当の赤字を出し、
資金も相当つぎ込んでいます。

これが出来たのも、その前からの飲食事業 、
不動産事業が頑張ってくれていたからで、
その事を、決して忘れてはいけないと思っています。

過去に支えてくれた人、
過去に会社を辞めていった人にも感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。

2003年に六本木ヒルズが出来て
私は、37階の250㎡の何百万の家賃の部屋に
引っ越しさせてもらったのですが、
そこの窓からの最高に素晴らしい景色、夜景を見て
もしかしたら下手すると、今が俺の人生の頂点かもしれないと心配して、
そうならないようにしなくてはと頑張っていた自分に対して、
また周りの人のお陰で、どうにかクリアーしたなと、ついつい話をしてしまいます。

どうして生かされてるのだろうか?
どうして守られてるのだろうか?と、
本当によく考えます。
自分なりの答えは無いことはないのですが、
それが正しいとすれば強化しなければなりません。

新しい目標がしっかりある今は、心配することはありませんが
バーンアウトには十分気をつけて、
また素晴らしい一年にしたいと強く思っております。

生かされてること、守られてることに改めて感謝したいと思います。

| | トラックバック (0)

脳は偉大

先日 新橋で施設長会議を行いました。

社員から、

「最近、blogの更新が、ありませんが…」
と言われて更新しております。

この2ヶ月の中で色々なことが有りました。

現在の介護施設は、31になりました。
順調に推移しております。
社員、関係者の方に感謝しております。

施設長会議の中で、
どうすれば人生が変わるほど
頑張り続けられるかを、話をしました。

全ては、脳が行っているということ。
脳は、偉大です。
脳をコントロールすれば
必ず、良くも悪くも結果を、出すことが出来ます。

脳の機能はとてもとても凄いのだけど、
その脳を騙して使います。

不平・不満・愚痴・マイナスなことを
言えば言うほど結果は、悪くなります。
結果が悪いのを人のせいにすればするほど
結果は、面白いように悪くなります。

逆に、良い結果を出したければ
感謝・愛の言葉を発する必要があります。
上手く行ってない相手、それは上司かもしれませんし、
部下、同僚、親、子ども、かもしれませんが、
感謝と愛が足らないのかもしれません。

何故そうなるのかは、
会議の中でも話しましたが、科学的な根拠があります。

周りを変えたいなら、自分を変える必要があります。
自分を変えるには、自分の発する言葉を
感謝と愛に溢れた言葉に替える事で、
状況はかなり変わって来ます。

悪い人生にしたければ
毎日、不平・不満・愚痴・妬み・恨み・諦めを、
もっともらしく語って下さい。
もっと不満が言いたくなる環境になります。

ふじみ野の施設は、
少し、利用者さんが少ないので
会議中にずいぶん話をしました。

さぞや担当者は、イジケテルと思いきや、
2次会で、施設のNo.2が「絶対やりますから」と
私に強い強い決意を伝えに来てくれました。
そして、やることも、しっかり準備していました。

凄いプラス思考で、この人が居てくれれば
ふじみ野は大丈夫だと感激 感謝しました。
本当に有難いです。
施設長の指導もいいのでしょうね。

今年も、20施設のオープン予定はありますが
難なく、こなしていけると確信しました。
油断大敵ですが。

2月オープンの小山も、1ヶ月で満床の勢いです。
本当に有難いです。

社員を、始めとした関係者の方に、感謝申し上げます。

| | トラックバック (0)

再帰性理論

市場の中で、再帰現象が日々行われています。
しかし、この再帰現象は、自分を取り巻く環境の中でも、
行われているんだなあと、最近強く感じます。

前回書いたバタフライ効果
再帰現象の一つとして見ると
成る程そう言うことか、と妙に納得してしまいます。

自分の錯覚が、現実に近づいてるだけのことになります。

思い込みの深さは、または、勘違いの大きさは、
現実との解離を大きいものとする場合が多いです。
ここで再帰現象が引き起こされると思います。

時代が変わることによって、
その大前提が変わることで不均衡が起こり、
また再帰現象が引き起こされる場合もあります。
繰り返しだなぁ、とつくづく思います。

仮に、自分の勘違いや想いが強くても、
現実と解離させないようにするのが
社長の仕事かもしれません。

また、再帰現象に対して如何に対応するかが、
社長の腕の見せ所かもしれません。

会社は、社員を始めとしたあらゆる人に、支えられています。

感謝を伝えることは、難しいと思ってますが、
本当にありがたいと感謝しております。

ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

バタフライ効果

カオス理論の中に、バタフライ効果 というのがあります。

つくづくそれを感じました。

良かれ、と思ってやったことが、
まったく裏目に出てしまいました。

既に、自分が予想していなかった裏目が、現実に現れているのに、
この原因と結果の関係がよく分からないことも多いです。

中には、うすうす、そうなるのではないかと考えていたことが
現実に起きてしまうこともあります。

周りから見れば大したことではなく、
実際に大したことではないのですが
その事が、自分にとって辛く思えてしまうこともあります。

ただ、社長、という職業の人だけにしか分からないと思いますが

ほんのちょっと、寂しいと思ってしまう事があります。

さて、この感情が
どういうバタフライ効果を生むのかは、分かりませんが・・・

「人は、同じ失敗を何度も繰り返す習慣がある、
 反省し、行動を変える。」


社訓の1行ですが、強烈に反省して
同じ過ちを犯さないようにしなければなりません。

「結果が 悪いのは全て自分の責任である」

これも社訓の1行ですが

どんなバタフライ効果が起きようとも
結果的には、必ず自分に返ってくることを忘れず
行動していきたいと思います。

| | トラックバック (0)

2012年 新年会

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

昨年は大地震が起き、
歴史に残る1年になってしまいました。
震災にあわれた方には
心よりお見舞い申し上げます。

2012年も、世界的に見て
激動の一年になるでしょう。
気を引きしめていきたいと思います。



4日には恒例の全体朝礼行いました。

飲食事業部は全員、
介護事業部からは、エリアマネージャー・施設長、施設長補佐、
調剤事業部、不動産事業部からは、数人、
の、合計160人に参加してもらいました。

昨年1年は、非常に厳しい一年でしたが、
どうにか無事に過ごすことができたのは、
社員の皆さんのおかげであることを
伝えさせていただきました。

この経済環境の中で、会社全体としては
売上 利益とも過去最高を記録することが出来ました。

全て社員のおかげだと、本当
に感謝しております。

今年の2012年は、
昨年以上に、厳しい年になるだろう、と予想しております。
ですから、昨年以上に、成功する考え方を身に付けて、
頑張って行きましょうと、伝えさせて頂きました。

人生の結果・仕事の結果は
「能力×熱意×考え方」であると
稲盛塾長から教えて頂いております。

成功する「考え方」がいかに大事かということです。

今年も、
介護施設は、30施設オープン予定があります。
油断することなく、気をひきしめて経営をしていきます。

また基本に返り、会社の目的をしっかり理解し
実践していきたいと思っております。

本年も応援のほど、宜しくお願い致します。

| | トラックバック (0)

盛和塾 塾長例会

久しぶりの塾長例会に参加しました。
東日本から1100人の参加になりました。

盛和塾は、ますます進化していてます。
気持ちを浄化する磁場になっております。 

塾長が話をしてくれたことは

●謙虚にして奢らず
●思念は業を作る
●宇宙に働く力を得る

この場に座っていた誰もが、清められていくような
何とも言えぬ気持ちに包まれていたと思います。 昨日から一日が過ぎましたが すっかり目の前の問題に翻弄されて 稲盛塾長の教えを実践するまでに至らない 未熟な自分がいます。 何かのことで悩まされ どうにか対処してホッとした瞬間に
次の問題がやって来ます。 稲盛塾長に言わせれば、問題が起こるということは、 自分の心が、その問題を引き寄せてると
おっしゃるのではないかと想像出来ます。 組織は、トップの心のレベルで
発展の度合いが変わってくる。 仕事を通して、自らの心を高めることに
留意したいと決意しました。 常に何らかの問題を抱えてる私には、 本当に心震える例会になりました。 ありがとうございました。


特別に写真を撮らせて頂いたあと
満面の笑みで握手をして頂きました。

頑張らないわけにはいきません。

| | トラックバック (0)

あんしんホーム つくば 忘年会

介護施設の施設長より、
忘年会の報告メールを頂きました。
----------
お疲れ様です。
12月1日に忘年会を開かせていただきましたので、
ご報告させていただきます。
今回の忘年会は職員17名参加してくれました。
今、つくばにいる職員は、
会社の理念でもある
「利用者様の為、ご家族様の為」
に一生懸命働いてくれており、
私自身も大変助けられ、大変感謝しております。
今回の忘年会では、
つくばの職員に1人1人に目標を言ってもらい、
また、私の方からは社訓より
「ちいさなことにもこだわる。
注意すべきことはしっかり注意する
(小善は大悪なり。大善は非常に似たり)」
といった話をさせていただきました。
つくばがよりよくなるため、今後も職員とともに向上して、
利用者様・ご家族様の為に全力を尽くしていきたいと思います。
よろしくお願い致します。
あんしんホームつくば  岩崎
----------
年末モードになる中、介護施設は年中無休なので
とても大変だと思います。
そんな中、頑張ってくれるスタッフがいてくれて
また、会社の理念を分かってくれ
いつも、協力してくれる事に、本当に感謝しています。

| | トラックバック (0)

介護施設

介護施設は現在25施設を運営させて頂いています。

11月は、
ふるさとホーム鶴ケ島・ふるさとホーム北高崎がオープンしました。

11月にオープンしたこの施設以外は、
ほぼ満床で運営させて頂いています。

12月1日には静岡県三島、群馬県北前橋がオープンします。

ここまで施設が増えたのも、スタッフを始めとして
関係者からのご支援があってのことだと思っております。

本当に感謝しております。
ありがとうございます。

毎月施設がオープンしますが、
スタッフには一ヶ月満床を目指して頑張ってもらっています。

この一ヶ月で満床にすることが
会社の成長の源泉になっています。

各担当者は一ヶ月満床が
会社の成長そのものなんだということを
強く理解して改めて頑張って下さい。
よろしくお願いします。

介護の現場は、普段は時間がゆったり流れているので
大変さはちょっと施設に行ったからぐらいでは分からないのですが
利用者様それぞれに、それなりに問題を抱えていますので
一人一人の方に注意を向けていなくてはなりません。

また医療行為をするわけでは無いのですが
医療の知識も無いと、利用者様の容態を正しく把握することが出来ず
なかなか奥の深いやり甲斐のある仕事です。

低価格で利用して頂き、
お役に立てる施設をこれからも増やして行きます。

今期はあと8施設オープン予定です。
来年度は30施設オープンさせる予定でおります。

志高く社会貢献したいと思う方是非お手伝い下さい。

一緒に介護施設を盛り上げて行きましょう!

| | トラックバック (0)

勉強しなくてはいけません

本日 勉強会に参加させて頂きました。

今後の世界経済はどうなるのか!ということで
草野豊己氏、マック小西氏、石 平氏、副島隆彦氏の4氏の講演です。

知らないことばかりでした。知らないということは恐ろしいですね。

勉強しなければと強烈に思いました。

さて、その会場で違う勉強会(芳村思風氏の)で一緒になった方が
後ろに座っていました。

この方は、福島で事業をされてる方で
3月には、会社が倒産するのでないかと
本気に心配しなくてはならないほど、
業績が悪化したそうですが、
今年の8月(8月決算)がなんと最高益だった、とのことでした。
びっくりですよね。

4月から急激に業績が回復したそうです。

そんな社長が、福島から東京に出てきて勉強されてるのを見て
ますます勉強しなくてはならないと思いました。

一日で2回も「勉強しなくてはならない」と教えて頂きました。

さあ 頑張るぞ!

| | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンドで、紹介して頂きました。

いつもありがとうございます。

10月17日発売の週刊ダイヤモンドに
当社が紹介されました。

若干、過去の内容をうまく伝えられなくて
ちょっと違う所もあるのですが
過去はどうでもいい事ですし
それ以上に当社を素晴らしく伝えてくれて
ライターの方には感謝しております。

私の取り留めもない話をまとめられたのは
さぞ大変だったろうと思っております。

週刊ダイヤモンドの企業人という欄は
何度となく読者として読んでいた欄だけに
不思議な気持ちです。

今回、こちらに推薦してくれたのは銀行でして
周りから、少しづつ評価されてるのかなと
有り難い気持ちです。

周りから評価して頂いたことを裏切らないように
今後も頑張って行こうと思います。

売上が伸びているから
銀行も紹介してくれたのだと思います。

これも、専務をはじめとした、社員が
めちゃくちゃ優秀だからだと思っております。

改めて感謝させて頂くきっかけになりました。
本当にありがとうございます。

売上と利益は、感謝と恩返しの延長にあります。
改めてそう思う出来事でした。

| | トラックバック (0)

うちの社員は強者ぞろいです。

介護をやる人はどちらかと言えば、優しい人が多いです。
介護事業運営する幹部クラスや 飲食で働いてる人は、社長もビックリの強者が沢山います。 腹が据わってるというのか 動じない強さを持ってる素晴らしい社員が沢山います。
実に頼もしい。
社長の私が彼らの行動から勇気づけられます。 たまには問題というか、
ちょっと大変なこともありますが 素晴らしい仲間がいることで
全て解決して行けると確信してしまいます。 素晴らしい社員に囲まれてることに 本当に感謝しています。

| | トラックバック (0)

介護施設オープン 裾野、岩鼻

5日に施設長会議を催しました。

毎月施設長が増えていきます。
施設が毎月2施設づつオープンしてるので
当たり前なんですが。 組織が大きくなると一枚岩にまとめることが 大変になりますが 施設長には 【理念浸透力  介護スキル  経営スキル】 を高めることを強くお願いしています。 そのために 幹部クラスには一週間に一度
勉強会に参加してもらっています。 同じことを何度も伝えることで少しづつ 組織が変わっていきます。 そんな中で 9月1日に静岡県裾野、群馬県岩鼻に それぞれ30床の介護施設を
オープンさせて頂きました。 勉強会の成果が出たのか 裾野では、オープン前に
入居者を全員確定させてのオープンです。 初日の1日に16人も入居して頂くことが出来て 裾野施設長、またオープン準備の責任者は
良く頑張ったと感謝しております。 岩鼻も入居者20人を確保し 初日は6人、その後も
随時入居して頂く段取りになっております。 私の考え方と施設長の考え方は違います。
でも、施設長会議では
それを合わせてもらうために 厳しいことも言わせてもらってもいます。 そんな中でも各施設長は、介護事業者としての使命感を感じて頂き
頑張ってくれています。 施設長会議の後は 当社の運営する飲食店の自慢の料理で
羽根を伸ばしてもらっています。
今回は奮発して銀座の舞桜で
松茸の一本焼きを用意させて頂きました。 これは最高に美味いですよ。

松茸は一本丸々焼かないと
本当の意味で美味しくはありません。



低価格で提供しておりますので是非食べに来てください。
(すいません。宣伝になってしまいました。)

| | トラックバック (0)

坂本孝 社長(ブックオフ創業者)

自画自賛のblogです。

ブックオフを創業された坂本社長は
言わずとしれた凄い経営者です。

私が、現在の出店計画など話し
どんなことに気をつけたらいいでしょう?と聞くと
なるほどと唸らせてくれるようなことを

バシバシ教えてくれます。
「1ー3の法則がある。
これはCCCの増田社長から聞いたんだけどね」
と言いながら、教えてくれます。
本当に、素晴らしい社長です。

そして、食事をしてるときに
ウイットの効いた話で周りの人を喜ばせてくださり
楽しい時間を過ごさせてくれて本当に嬉しいです。
本当にありがとうございます。

そんな坂本社長が、今、新会社を設立なさって
飲食チェーンを展開されています。

ここから自画自賛なんですが
坂本社長が、新店を出す時に、
「おい!来い」と呼んで頂きまして
「相談に乗れ」と言ってくれます。
これでも私、坂本社長の参謀なんです。

周知の集め方が本当に上手で
これが発展の元なんだな、とつくづく感心させられます。

時間を共有させて頂くだけで
勉強になります。本当に嬉しいです。

坂本社長、いつも本当にありがとうございます。


| | トラックバック (0)

«週刊ダイヤモンド