« 森下仁丹 | トップページ |  IMFの怖い警告 »

研修

いつもありがとうございます。

最近、社内研修を強化し始めています。

施設長研修・新人研修の二通りです!

そこで感じることは

社訓の一文にある
「売上と利益は感謝と恩返しと覚悟の延長にある」
このことが分かってないんだなと
つくづく感じます。

お金は欲しいけど
沢山働くのは嫌だと言ったり、

自分の為に働いてます、と
それが当たり前のように言う人が多いのです。

売上と利益は、個人の立場に置き換えると、
個人の収入だと思いますが、
やはり同じように
感謝と恩返しと覚悟の延長にあると思います。

売上も利益も個人の収入も少ないのは
自分のことばかり考えているからだと思います。

もちろん私自身まだまだですから
この感謝と恩返しと覚悟が足らないのだと思います。

この社訓の一行は、
数ある社訓の文章のなかで最後に入れた文章で
この年になって気がついた文章です。

今の私の最高の気づきだと思って戒めております。

ただ最近、
「感謝と恩返しと使命感と覚悟の延長にある」
の方が勝ってるなと感じていますので
明日から社訓を変えようと思いました。

実際、経営していく上で、
本当に沢山の人に助けてもらってます。

スタッフに助けてもらい、お客様に助けてもらって、
取引先に助けてもらって、会社も、私も、成り立っています。

昨日も恥も外聞もなく
私を助けてくれませんか、と頼んだばかりです。

そこまで口にしなくても
助けてもらえるようにお願いして
私を助けてあげようと動いてくれてる人が沢山いてくれて
どうにか成り立っております。

不思議なことに、
いつも困ってる私に力を貸してくれる方が現れます。

私を助けてくれてる沢山の人に感謝申し上げます。

ありがとうございます。

支えられてることを、本当に有り難いと思っております。

|

« 森下仁丹 | トップページ |  IMFの怖い警告 »

松本塾」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研修:

« 森下仁丹 | トップページ |  IMFの怖い警告 »