« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

銀座 舞桜にて

今夜は、銀座   舞桜にて


施設長、エリアマネージャーと
松茸を食べて
日頃の疲れをほんの少しですが、
忘れてもらいました。...


介護事業を取り巻く環境は日に日に厳しくなっております。

今日も朝礼、会議で、かなり厳しいことを
専務以下、エリアマネージャー、施設長にお願いしております。

そんな中で、月に4施設のオープンは
会社全体に
かなりの負担がかかっております。

正念場、勝負所です。

現場を良くしてくれるのは、
施設長、エリアマネージャーです。

優秀な施設長、エリアマネージャーに支えられて会社が成り立っております。

本当に有り難いことです。感謝!

気合いを入れ直して頑張ります。(^-^)
もっと見る

| | トラックバック (0)

人命救助

毎月2度、施設長の勉強会を東京で行っています。

栃木、群馬、 愛知県など遠いところから
東京にわざわざ集まってもらっております。

8月2日土曜日に
恒例の施設長勉強会が行われました。

栃木県・真岡の女性施設長と、そのスタッフが 
湘南新宿ラインで来る途中、
電車の中で突然男性が倒れるのを見つけたようです。

車内はかなり混んでいた状態でしたが、
人をかき分け、倒れた男性のもとに近寄りました。
隣では中学生ぐらいの娘さんが、ワンワン泣いている状態でした。
部下の男性スタッフが脈を測ると、
止まっている状態だったそうです。

うちの女性施設長が、
普段研修で学んでいる
心肺蘇生の措置を行うことで、
その男性は息を吹き返したそうです。

その息を吹き返した男性は
倒れたまま自分が常用している薬を取り出し、
慌てて飲んでいたそうです。

この倒れた男性は、心臓の持病を持っていたそうです。
もし、人命救助していなかったとしたら、
わんわん泣いている娘さんの前で、
男性が亡くなっていたかもしれないと思うと、
無事でよかったと思わざるを得ません。

うちのスタッフは、良くやったと思います。

救助した女性施設長は、

「人が急に倒れたのに、
周りにあれだけ人がいたのに、
ほとんどの人が知らん顔していたんです。」

と言っておりました。

また

「自分の介護スキルが、
誰かの為に役に立ったことが 本当に嬉しい。」

と言っておりました。

実際  自分がその場にいても
大丈夫ですか?と言うのが精一杯で
何もできなかったと思います。

自分の会社のスタッフが、
自然と人命救助してくれたことが、とても嬉しかったので、
ブログに書かせてもらいました。

うちの会社本当に良い人が集まってます。

ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »